三重県精神保健福祉会公式サイト。精神障がい者とその家族に 様々な情報を発信をしています。サロンと電話相談を行っております。

活動紹介

  • HOME »
  • 活動紹介

1.精神保健福祉会(さんかれん)大会の開催

本大会は、行政・民生委員・福祉団体・病院関係者・一般市民の方々と、幅広く参加して頂くなか、大会を通じて各地域の精神障害者を理解して頂きたいと思い、各障がい福祉圏域で順次開催しております。

2.「こころのバリアフリー」精神保健福祉啓発研修会

平成18年度より、地域社会の皆様に、研修会をとおして障がい者に対する理解と認識を深めて頂き、精神障害者が地域に於いて安心して生活できる環境をつくり、自立と社会参加の促進に寄与するため、数回の研修 会を実施しております。

3.精神障がい者スポーツ(バレーボール)大会

精神に障がいのある人々をはじめ、地域住民が精神保健福祉の保持増進、精神障がい者に対する精神保健・福祉支援に貢献できるよう、精神障がい者にスポーツへの参加を促し意識の高揚を図り、障がい者の熱心な取り組みを通して、家族や関係者、地域住民に理解が促進されるよう、地域社会に発信・啓発の場として、三重県精神障がい者スポーツ(バレーボール)大会の開催。

バレーボール

 

4.住宅保証人事業の運営 

また、三重県あんしん賃貸支援事業の居住支援者として、「家賃債務保証」「入居後の見守り(地域生活にかかわる相談)」を行い、安定した賃貸借関係の確保等の役割を担っています。今後も地域関係機関との連携強化を図り、精神障がい者が地域でごく当たり前の生活ができる環境づくりに取り組んでいきたいと思っています。平成18年4月より、精神障がいをもつ人々が安心して使える資源として住宅保証人事業を開始しました。

PAGETOP